The BORG Wars History

The BORG Wars-History 2016 the 2nd

 

2016年12月22日午後2時50分。 山本さん、お世話になります。メンです。ダルシムとデュオ、三浦に漕ぎました。
ハイパワー丸鱸と磯際のデュエル。カラスさんから授かったLBスカイパスでアンサーランサクセスできました。
→おおみてくれ!これ本当に嬉しいぞ。愛があふれてる


2016年12月21日 冬の伊良湖・ボーグフィッシング SB/Sky pass、Tペンヒット →Miyaさんのブログ


2016年12月17日 今季初ロックショア攻撃でクラッチ成功! 中川裕貴さんおめでとうございます!

中川裕貴さんのSB/Sky passランディング

理想的な磯ヒラスズキです。素晴らしい。
厳しいロックフィッシングに十分すぎるシステムは存在しません。
そのシステムの一部ルアー・・・ボーグルアーにも100%はないのです。
オプセル社が出した一つの回答・・針伸びを防ぎエラ洗い防ぐためのクラッチフッキングシステムは
ルアーに課せられるはずの大切な機能を実現しようとしたものです。

スーパーオレンジは杉枝さんのところに。中川さんが連れて行ってくれます。ありがとうございます。


2016年12月17日 笹原健太さんもクラッチ成功です。

LB/Sky passによる完全バイト、バタフライクラッチフッキング。


左から佐野真司さん、関真さん、芦澤 亮太さん  すごいぞ佐野さん!

11日の関さんチームです。

2016年12月17日 対岸攻略から反転しての西伊豆アタック。
土屋秀寿さんファルコン128 SB/Lead横浜ハイウェイによる4.7キロワラサ吸い込みクラッチ確保。

植村 謙治さんのオリカラ機をプレゼントされた土屋さんによるアンサーラン入魂でした。
kenさん土屋さんおめでとうございます!


2016年12月12日 友ちゃんと原田さん。 友ちゃん来てるねー!

モロコトライの帰り道、この日はトリプル/Sky-passファルコンの受け取りに来てくれました。


2016年12月18日 温泉ツァーの途中でユニット不足を思い出した土屋さんが仕入れに寄ってくれました。


2016年12月10日 SB/Sky passクラッチ color ディメンション・ブラック A.I by ボーグマン太郎
「バラしも釣りのうち、ボーグはあれはやりすぎだ」というプロも多い。
しかし現実はそうだろうか?フィールドはそんなに甘くはない。
クラッチフッキングがいかにアングラーを安全にし、フッキングを維持してくれるか。
それでやっと抱き留めることが可能になったと思われるヒットはとても多い。
現場にいるプロなら分かるはずだ。
いや多くのプロはプロ故にボーグとフランクに向き合った経験がないのかもしれない。
そもそもフックをシングルにしたりサイズや数を変えたり、工夫しているのは何故だ。
ランディング率を高めたいからじゃないのか?
メーカープロがバラしも釣りのうちと言ったのでは実もふたもないしユーザーさんが哀れだ。
100%のタックルは存在しえないとしても、そこに向かって進むことはオーケーだろう?


2016年12月10日 ボーグマン土屋秀寿さん Tポッパーでヒラスズキクラッチ確保。
バレやすいポッパーがボーグシステムを身につけたら・・・・


2016年8月20日 ボーグマン土屋秀寿さん。自作T-Popperによる平鱸クラッチ成功!
ワンバイト・ジャストラン。  撮影 by 石川泰宏さん、佐々木真さん


2016年12月11日 淡路の安田愼一郎さんからのレポです。
山本さま 先日破損したテール部分は、家にあったプラリペアで修理できました。
昨日、北西の風が吹くタイミングで修理したironを投げてきました。
先行者がいましたが何とか1本取れました。
コンディションのいい魚出る時期はそろそろ終わりそうです。。


近況報告です。
昨シーズン後半は4月にファルコン,オスプレイで2本釣り上げましたが消化不良気味に磯ヒラが終了しました。
収穫は新規開拓をしていた地磯をメドがたてれた事でした。秋になり10月中旬頃から2016シーズン開始!
新規開拓中の地磯に4回釣行し2回は磯ヒラ(SBとLB)を釣り上げれました。
春先にメドをたてれてたのが結果に結びつきました。
残りの2回もサラシがない状態でファルコンLBでアタリがあり次回の時化に期待します。
一昨日(12/6)の時化でホームへ偵察釣行!マズマズのサラシがあり期待値UP!
連発とはいかないまでも飽きない程度にアタリ結果はファルコンで4本,他社製ミノーで1本の合計5本でした。
ヒラスズキの結果は満足ですが途中に青物を2回ヒットさせ2回ともラインブレイク。
青物はディメンションブラックのSBとLBでヒット!
1本は凄い勢いでラインが出でてどうする事もできずラインブレイク。
かなりの良型でしたので非常に残念でした。
次はリベンジ予定ですが返り討ちにあうかも(笑)今後もアラフォーなりに頑張ってみます。 レポート’ed by 河合 健一 さん

2016年12月8日奥尻島からのレポ。 本日ルアーが届きましたのでお知らせします。
また昨日青物狙いでリード9を泳がしていたところ中層のところでヒラメがバイトしてきました。
クラッチフッキングが決まってからは抵抗することもできなくなったようで簡単にキャッチできました。
フックもさることながら食わせ能力の高さに驚いています。
スマホ撮影で低画質ですが画像を添付します。今後ともよろしくお願いします。
奥尻のHさんより
→ Hさん、いつもお世話になっております、
レポートありがとうございます。かなり寒いと思われる貴地にていまだにイナダが釣れているとお聞きし驚きました。
そしてさらにいい型のヒラメ。ナイスフィッシングです!
こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。


2016年12月5日 樫浦翔さん SB/Sky passランカークラッチ成功!
「お疲れ様です❗茅ヶ崎の樫浦です❗
ボーグファルコンでの思い出に残る釣果です❗」


2016年12月4日 BFT鈴木選手ヒラマサヒット!! 非常に困難なポイントへの取り込みに成功(^-^)v ナイス。


2016年12月2日の西風 松崎にて ノーヒット。


2016年11月 伊良湖シーバスパーティーにてMiyaさん他魚の部で優勝。おめでとうございます!
優勝商品はTペン(by土屋さん+OPCELLメイキング)でした。釣果ありますように(^-^)v

→MIYAさんのブログ 伊良湖発〜サラシマニアTRAIL〜


ディメンション・ブラック アルミ
ここ数年、最高の釣果を引き出し続けているこのカラー。 LB/、SB/のチョイスで死角なし。


2016年11月23日 山本さま 大阪の安田です。
昨日、風が吹いたタイミングで紀北の地磯へ行ってきました。
ファルコンiron 黒金で3本掛け、内2本取れました。
チャート、レッドヘッド、イワシホロ等他のカラーも投入しましたが、
この黒金だけしか反応がありませんでした。
普段は色を使い分けることを全く考えないのですが、昨日は色の差がはっきり出ました。
しかし、取り込み後にルアーが魚の下敷きになったため、ボディーのテール部分が欠けてしまい、
フックユニットが固定できなくなってしまいました。修理可能でしょうか?

→安田さんお久しぶりです!
黒金オレンジベリーいい仕事してくれましたね!
山本も黒金はよく使います。
といいますかオプセルホームページ開始当時の山本は黒金オレンジベリー一色でした(笑)。
カラーの違いによる差がはっきりと出る時がありますね。
活性が高い時の様子をすべてにあてはめることはできません。
「完全ノーバイトからなんでも食い祭り」までの間にはいくつかの「迷いゾーン」があります。
そういう視点でも黒金オレンジベリー、ディメンション黒アルミ、パールレッドヘッドなど
特異的に効果を発揮するケースがあると思います。

それとテイルアイの折損は程度にもよりますが補修可能な場合が多いです。
基本的にはユニットを懸架出来きれば使用できますがさらに復元したいという方には次の方法があります。
ホームセンターで売っているアクリサンデーという溶着液がボーグルアーの素材そのものを溶かすことができます。
この処理は接着剤による貼り付けとは異なり最強です。
蒸発(乾燥)後に希望の形に落ち着かせることができるのでCDケースなどの対応素材を利用して
ロスト部を構築したり乾燥後に削ったりして成型することができます。工夫してみてください。

渥美半島シーバスパーティー  2016年11月26(土、夕方)~27日

伊良湖にあるヒグチ釣具さんにこんなボーグルアーたちが向かいました(^-^)v

ヒグチ釣具
〒441-3618 愛知県田原市小中山町北郷110
TEL 0531-32-1138  FAX 0531-32-1658
Eメール  場所: 2016年11月26(土、夕方)~27日


オプセル 山本 様
大変、御無沙汰しています。 本日、又、良型ヒラメを釣りましたので報告します。
今回は、BFT鈴木さんオリジナルの、ブラックキャンデー(LB-SKYPASS)が威力を発揮しました。
11/20日曜。下弦中潮-4/4。  本日は休漁の予定だったが、9am頃、川を偵察。潮が満ち始めていた。
先週の日曜から三度、ヒラメを目撃していたので、又、上がって来ると思い、釣り道具を持ち出して、
いつもの監視場所で待機。近所の浜崎爺さんも一緒になって、ヒラメの遡上を待った。
ここ数日の偵察の結果、潮位120-140cm位で、ヒラメは上がって来ていた。 ボラが上がり、次に
黒鯛の群れが通過し、次がヒラメだ。1時間位、張り込みを続けていたら、今日もヒラメが上がって
きた。同一個体のようだ。河口に集まったカモメの群れはヒラメに着いているようだ。
LB/SKYPASS-ブラックキャンデー(BFT鈴木さんオリジナル)を投下すると、疑似餌に気づいたヒラメが
底に張り付いた。ルアーをヒラメの背中に乗せる。ラインをフリーにして、ルアーが乗ったヒラメから
10m程離れ、水平に合わせを入れた。背中のスレ掛かりを想定していたが、しっかり口に掛かった。
私が移動して合わせを入れる10秒位の間に、ヒラメが動いて、ルアーを咥えたようだ。 川の中で暴れる
ヒラメを何度もいなし、護岸に引き寄せ、玉網で確保。 73cm, 4.30Kg。2年前、5月の記録 3.8 Kgを更新した。
ヒラメは、自宅のタライに放り込んで生かし、2匹目を狙う。1時間程で諦め、自宅に戻ると、タライの
周りに、近所のおばさん連中が集まり大騒ぎだ。 タライから大きな尻尾がはみ出して動いていたので、
見つかってしまった。
こんな中小河川の河口で、4Kを越えるヒラメのサイトフィシングが出来るとは、五島恐るべし。

[ ヒラメとルアー:LB-SKYPASS-ブラックキャンデー ]

[ 73cm, 4.30 Kg  真水で色が変わった。 ]
→近藤 さん、お久しぶりです!レポートありがとうございます。今回は新鮮な展開でした。背中に乗っていたLB/Sky passを払い落としながらバイトしたのでしょうか。凄いです。しかしクラッチ決まってよかったです。
バラシの武勇伝ではなく魚体を確保したうえでのお話はワクワクします!


2016年11月20日 工房の八木さん。この日はかなりタフなルートを3か所踏破しノーヒット。
釣れないという貴重な情報。プロのテスターであってもその情報はむしろ重い。
オプセルホームページの存在意義はボーグマンの地道な釣りによって支えられています。


2016年11月18日 魚薄いですが原田さんが工房に寄ってくれました。
今季もよろしく頼みます!


2016年11月12日の工房でーす。ノーヒットですが何か?(笑)。望月レモン康太さん、山本修平さん(右)
レモン君MBリード、MBシャロー・リードお造りしておきます(^-^)v


2016年11月11日の工房  豊橋からは丸山さん(左)、尾崎さんチームがご来訪。
ボーグ稼働頂きありがとうございます。
丸山さんは先日のMiyaさん12キロ鰤のヒット現場で一緒だったとのことです(^-^)v


2016年11月1日 美濃川さんチーム(新潟)11のヒット(フックアップ)のうち10ヒットがファルコンSB/Sky pass。
ファルコンによる1バラしはネット操作のエラー。 1尾確保が他社ルアー。


2016年11月1日 Miyaさん巨ブリ確保!パワー回路の要・・スナップにはガチトップ08を使用。強度十分にして微動だにせず。


2016年10月30日 磯ナイトマル。80アップのハイパワー個体・・シビアなストラクチャー群からの取り込みに成功。
伊良湖のMiyaさんナイスコントロールです!→ MIYAさんのブログ 伊良湖発〜サラシマニアTRAIL〜

離脱したボディーが魚体から飛び出さないことにより水底の岩の迷路を潜り抜ける確率が上がります。
そのとき閉じながら掛かる捕獲ユニットは歯や鰓回り、根ずれでも決して切れることのない金属のラインとなってフッキング部位を守ります。アングラーはランディングのルートを羊飼いのように泳がせ操り、引き寄せることが可能になります。


2016年10月30日 リアルブラザーkenさんからのバースディギフト/Iron・・ずっと奉り、2年を経ての実戦投入。
その第一投。
クラッチラン!
さらに第二、第三投クラッチラン。
連続3投3確保の植村直紀さん。のちに1尾も追加してサラシアタック完了。
またひとつボーグレジェンドが記録されました。直紀さんナイスクラッチ。おめでとうございます!
かなり前から思いがたまっていましたね。本物の願いは本当になりました。


ハイシーズン目前の磯ヒラ。 アルミ・インサイド→AI 画像はLB/Sky passディメンション黒A.I  よく釣れます。


2016年10月17日 朝倉さん オスプレイ90リトル・ジョン(11gサスペンド)によるキビレ確保。

今季の磯ヒラスズキ。オスプレイによる大型確保も・・・。
オスプレイ90の各バージョン
スカイパス(15g、ボディー1.6k円) 
パイソン(24g、ボディー1.8k円) 
モンスター(30g、ボディー2.0k円)が候補。


2016年10月 →八木邦長さんによるオスプレイ90ペンシル・マイナーチューン


2016年10月8日 160ミリ・オリジナルボーグにてゴマフエダイを捕獲。 四万十川にて 釣者 山口 哲史さん
祝 世界初クラッチ!


2016年10月9日 オプセル山本さま お久しぶりです。永本です。
昨晩、浜松天竜川にて1本捕ることができました。はじめてのクラッチフッキングでした。
これはいいですね、安心感が違います。オプセルのステッカーがほしいのでまた工房にもお邪魔させていただきます。


2016年9月24日
初のご来店ありがとうございます。
左から宮原久さん、青本浩史さん、小川利裕さん
最近いい釣りされているようです。


オスプレイ90 リトル・ジョン トウゴロウイワシ(11g) 河口でも磯でも。軽いけれどランカーを獲れる90ミリ。
スレ個体と向き合うとき、日をおき、あるいは間をおき、最初にこれを送り込むという選択・・あり得ます。


2016年9月10日 山口 哲史さん河口ヒラクラッチ!
Opcell 山本様
こんにちは。兵庫県の山口哲史です。
南紀河口のヒラです。
久しぶりすぎて2回連続でタモ入れ失敗。
目の前で抵抗するヒラをいなしながら、伸びすぎた柄を縮めて一度体制を整え直して・・
もたついている間もクラッチフッキングのおかげで慌てずに対応出来ました。
タモ入れの際にフックがネットに引っ掛かり外れてしまいましたが何とか取り込めました。
バーブレスの問題点かもしれませんね。
結局この1本だけだったので無事に取り込めて良かったです。


2016年9月10日 ヒョウタン島釣行は不発でした。魚待ちでーす(^-^)v  撮影は佐々木真さんです。


2016年8月31日 毎月ランディングならなかった8月の佐々木さん(左)、そして一昨日テトラヒラ連発の石川さん。焼けてます!

2016年8月28日 伊良湖からこの日は波が上がりすぎで撤収のMiyaさん(左)、そして初ご来訪の福沢さん。


2016年8月30日 SB/Sky pass、オスプレイスーパーリトル・ジョンでテトラヒラ連発の石川泰宏さん


2016年8月28日、ボーグマン渡邊良太さん磯ヒラスズキ・捕獲成功!
ワンバイト・ジャストランはLB/Sky pass


2016年8月8日 山形BFT木村選手。 真鯛クラッチ確保、成功。
ヒットボーグ  ファルコン128LB/Iron 木村スペシャル レッドベリー


2016年シーズン  ターゲット・赤目 ボーグマン山口 哲史 さん
今年も7月と、この木曜、金曜で四万十川にアカメ釣行に行ってきました。
が、そう簡単にはいきませんね。。
7/7、8に行った時は台風1号の影響で大雨警報になり途中で断念。
そして今回、2日目の深夜でした。
遠投したファルコンにアクションを入れた瞬間にゴン!と出ました。
左右に走り、時折ロッドを絞り込まれてドラグも鳴るけど重量感がない。
画像はありませんが上がったのは目測80cmくらいの大型ボラでした。
アカメは出ませんでしたが、最高のシチュエーションの中、静寂を破ってのボラヒットになぜか大満足です(笑)。


2016年8月3日 鎌倉の大井 智太さん、真夏のクラッチ!
オプセル山本様 いつもお世話になっております、鎌倉の大井です。
8/3出勤前釣行、久しぶりにクラッチが決まりました。
→大井さんレポありがとうございます。
房総ブラックヘッド、よく掛かりますね。
お仕事前クラッチ、お疲れ様です、


2016年8月1日より ファルコン128の標準装備フックにつきまして
シャウトCPT11-#2 (ファルコン128画像、下) から
カツイチ  Y-S21 #1  (ファルコン128画像、上) に変更させて頂きます。


2016年8月1日より Y-S21 #1 になります。


貼り方のコツとしては水を霧で吹き、デカールをガラス面で滑らせながら行うことです。
1リットルくらいの水に一滴だけ中性洗剤を垂らした水を使用します。
位置決めがやりやすくなり、泡の追い出しもうまくやれます。
位置を決めたらスクレイパーでしっかり圧着し、一晩、あるいは二晩アブリケーションシートをはったままにして水分をゆっくり飛ばします。しっかりガラス面から浮かなくなったら少しヅつ剥がし、仕上げ圧着をして完成です。
小さいものはガラス面を綺麗にしておくだけで貼れます。
工房ではほとんどのデザイン、サイズ、カラーに対応可能です。


2016年7月30日 ボーグマン谷口 耕次さんリード7カツオ(^-^)v リップレス・レッドヘッドによるクラッチ。

ニューカマーボーグマン元井太郎さん(左)も参戦! 期待しています(^-^)v


2016年7月24日
一人旅の中川裕貴さん6.4キロ・これはブリと呼んでいいでしょう。
ファルコン128 リードセブン・ペンシルによる完全バイトクラッチフッキング。
中川さんおめでとうございます!


2016年7月24日 ボーグマン谷口 耕次 さんワラサ確保!
ファルコン128 リードセブン・ペンシル レッドヘッド

久々のナイスターゲット確保おめでとうございます!
ここ数年の動向を顧みますと谷口さんも同じ所感をお持ちのようでした。
ファルコン128 リード・セブン・ナイン・イレブンはリップレスがベターと言えそうです。

きれいな魚体です。
いい引きしていたと谷口さん話してくれました。シーカヤックでの引き合いはなかなか激しいものになっているようです。
お見事です。


2016年7月15日のボーグ遊撃手は渡邊良太さん。
7月18日ころから仕事で屋久島に向かう渡邊さん。ボーグマン太郎は土屋さんTペンのプロトを彼に託しました。

ディメンション・ブラック アルミ LB/Sky pass SB/Sky pass 強いです。


2016年7月13日 BFT木村選手。LB/Iron木村スペシャルでグッドサイズ真鯛クラッチ!
奇しくもこの日伊豆の朝倉さんと地を隔てた二人が真鯛シェア。

2016年7月13日 朝倉さん 真鯛確保! ファルコン128 SB/Sky pass ディメンション・ブラック アルミ


2016年7月12日 Tペンによる表層ヒラスズキの初ランディングは佐々木真さん おめでとうございます!
初ヒットは石川さんでしたがガチドラッグのためかエラー(-_-;)


2016年7月11日お久しぶりのダルシム佐藤さん(左)。爽やかな伊豆を満喫されたようです。
今日のメンはいい型のシイラを掛けるも追いアワセの5発目でオウンゴールブレイク。
リードナインリップレスによる惜しいヒット。追い合わせという煩悩からの解脱(次の瞑想テーマ)。


2016年7月10日 ボーグマン土屋さん OEM T-penにてバースディクラッチ!
お誕生日おめでとうございます。


2016年7月3日
夕焼けを黒い雲がをおおってしまいそうだ。
今回だけは選挙に行こう。今は少し希望が残っているから。
7月10日 権力に縛られてしまう前に、みんなを連れてゆこう。


2016年7月3日 ボーグマン石川さん T-Pen爆発


2016年7月2日 中川裕貴さんファルコン128 リードセブン・ペンシルでクラッチ!


山本さん、お世話になります。メンです。
リード9をマキシマムゾーンに投魂。
ハードヒューマンスキッピングにゴンっ。
シイラからのアンサーに、気づいたら私は大粒の涙を流していました。


3年前の明後日、ハンターさん!ナイスクラッチ(^-^)v


3年前の今頃 鈴木さんたち!


3年前の今頃木村さんもクラッチ!


2016年6月26日 LB/Sky passクラッチ(^-^)v by ボーグマン太郎


山本さん、いつもコーヒーありがとうございます。
LBスカイパス(週末のホライズン)巨イサキ完禅クラッチサクセス!
私はhoriさんのブログでポエムを拝見しました。震えました。
ですから週末のホライズンを入れたのです。
僧僧
メン「急ぎではないです」
ジャマイカさん「はーい」
3日後に着機していました。はやっ。
工場長のプロフェッショナルな姿勢、マキシマムリスペクトです。


2016年6月23日 古田嶋 政明さん オスプレイフェアリー 飲まれました!


2016年6月25日kenさんこと植村謙治ボーグマン、黒鯛クラッチ確保。
ヒットボーグ→ファルコン128LB/Sky pass ピンクハンター_HG

カンタさん♪
お疲れ様ですm(__)m
本日、兄直紀と久しぶりに房総の元ホームを叩きましたが本命わ不発…笑っ
しかし嬉しいゲストさんがクリンチしてくれ、久しぶりのクラッチです…笑っ
→ kenさんお久しぶりヒットナイスです!
豪雨、強風の房総半島だったでしょうね。
こちらでもヒットはなかったもののあの朝方30分の集中豪雨の洗礼を磯で受けた清水メン。
土屋さんたちも濁りと海藻で苦戦したようですがkenさん見事に黒鯛かけました。
タフな現場もリアルブラザーと一緒だと楽しいでしょう。
三浦ハンターさんへのメッセージラン嬉しいです。


2016年6月11日 土屋ボーグマン ボーグペンシル&ポッパーでの全ヒット全ランディング。

ペンシルやポッパーを遊動化する効果は大きい。
世界がまだ見たことのないその形と結果が動き始めた。
まだ産声を上げたばかりの水面の猛禽たち。
経過はちょっと期待してください。


2016年6月14日 佐々木真さんヒラスズキ・クラッチラン!かなり充実した個体。
なかなか出会えない今季の稀な一撃を確保する。ボーグルアーが威力を発揮したワンシーン。


2016年6月5日
渡辺健太さん今季初シイラクラッチ(右は兄の良太さん)。
小型でも初。
そうですなかなか釣れない西海岸です。
やりたい放題の巻き網が効いていると思えます。あれ違法です。
地方条例を言い張りますがあくまで法律が優先、ご当地都合です。
統計を出せという前に5年くらい止めてみたらいかがでしょう。
何しろ90%の漁獲をわずか3%の漁民が独占しているのが現実のようです。
本来の海はもっともっと爆釣するはずです。
そして健全なベイト連鎖が保たれれば全漁獲量も飛躍的に増えるはずです。


6月の工房あたり


長い旅を経て故郷に戻ったハヤブサたちのDNAブロック。
旅の過程で得られた強化ポイントをリブロしバージョンUP。
最新の樹脂をまとい生まれ変わります。
リリース時期は未定。

広告