山田純一さん

BFT レポート2007/6/16

「ヤマメ27㎝レポ」

待ちに待っていた週末です。
6月は,狙うターゲットが多く本当に迷います。
優先順位は,6月にしか出逢えないターゲット。
頭の中にはいろいろな魚がめぐりましたが,やはり今年の目標、尺ヤマメ狙いです。


午前2時に決定。
急いでトラウトタックルを乗せ,眠っている友人を乗せ(苦笑),目的地へ出発しました。
現地に着くと,すでに何人かのアングラーがロッドを振っていました。


狙いは瀬の落ち込みです。
ピンポイントには釣り人がいましたので,僕たちは,その少し下流を狙いました。
トラウト初心者の友達は定番の5㎝ミノー,僕は,5㎝,7㎝の定番ルアー,そして,尺狙いのために忍ばせていたオスプレイ・マグジャック・海桜乱!

釣り開始間もなく,友人のロッドがしなりました。
釣れた魚は35㎝のニジマスでした。
初のニジマスに友人は大喜び。
人が喜ぶ姿って見ていて,いいものです。(*^_^*)

今日は一カ所で粘るのではなく,何カ所かランガンです。
何せ,いつものように,8時半まで(これでも特別,普通は7時)に家に帰らないとダメですから・・・はぁ~。


次の場所は,アタリなし・・・。

3番目の場所。
ここも有名なポイントなので場荒れしていると思いましたが,昨日は雨が降り少し増水した模様。
フレッシュな魚が入ってきたことを期待しました。

流れがきつく,5㎝,7㎝ミノーで上手く引けません。
ここで,オスプレイ登場。
以前,エキスパートの方のタックルを見せてもらったら,シーバスが狙えるようなタックル,大きなスプーンを使用していました。
トラウト=小型のタックル,ルアーをイメージしていた僕にはとても新鮮でした。

落ち込みが複雑に混じり合うポイント。
さすがにサクラマス専用に作られただけあって流れに強いです。
それにマグシリーズはキャスト性に優れ且つサイレント性も抜群。

ダウンクロスで攻めると,ガツンとアタリがありました。
尺以上あると確信,流れにのられました。
一昨年,尺ヤマメを2匹バラした苦い思い出が蘇りましたが,クリンチを信じリールを巻きました。
釣れたのは,戻りヤマメ???

「よっしゃー,釣った,釣った!!」

と子どものようにはしゃぐ。
僕は本命が釣れた時には半端じゃなくはしゃぎます。
一緒に釣りに行った方ならわかると思います・・・恥。

よく見ると,斑点がなく,鱗が剥がれている。
でも,背中に黒点がないし・・・
側線部には紫色。
後でエキスパートに方に聞いたら,ホウライマスと言われるニジマスらしいです。

残念。


魚はいる。
そう信じてキャストをくり返す。
するとまたアタリ。
手応えは先ほどには劣りました。
でも,近くにくると,斑点が見えました。

「うん?ヤマメ,ヤマメだぁ~!」

近くに寄りましたが,最後の抵抗で下流に突っ込む。
さすがにサクラマスの遺伝子をもっています。
(だいじょうぶ,クリンチ,クリンチ・・)と自分に言い聞かせながらランディング成功。

「よっしゃー,よっしゃー,よっしゃー」気が狂いそうにうれしかったです。
今年で一番かな。

残念ながら27㎝でしたが,僕には十分です。
逆に僕の夢が終わらなくてよかったかな~。

またまた尺ヤマメゲットのために,オスプレイを7㎝ミノーに見せるカラーリング「クリアーユ」,それとオスプレイ・フェアリーを少しいじってもらう予定です。
カンタさんにいつも難儀させてもうしわけないです。M(_ _)m



山純さん

またエキサイティングな釣りを楽しんでこられましたね!
厳しめの制限時間とベイビーコールの合間からのレポ、ありがとうございます。
個人的にはおんぶの山純さんのキャスティング画像も見たいです。
子連れ狼ですよね、きっと。

天然の27センチ山女が完全バイトしてきたようですね!
大型シーバスランディングとは違う回路でエンドルフィンが分泌されたことでしょう。
上半期最高の瞬間とのとのことですから素晴らしいですね。

5キロオーバーのサクラマスとも渡り合えるオスプレイです。
オスプレイの9センチボディーはサクラマスでの早い水流ポイントにも適合しますがその耐急流安定性が利点になったケースのようです。
特にHS機(フェアリーHS、リトル・ジョンHS、ジャックHS)はアイのセンターチューニングが決まれば最高の耐急流遊泳性を発揮します。

しかしサツキマスや山女用の7~8センチスリム系に比べるとややファットなのも事実。
そのファット感をリメイクする山純さんの「スリム効果カラーリング」はぜひトライさせてください。

余談ですが・・
7~8センチのスリム系ボーグについてです、
形状記憶合金ブリッジを0.8ミリφにすること、
そして、すでにいくつか案が出されている軽量化インパクトアンカーのアイデアとで実現できると考えています。
徳島BFTの加地さんからも切望されているこの7~8センチスリム系ボーグは意外とユーザーさんが多いのかもしれません。
考えを改めつつある山本です。

「スリム効果カラーリング」機は仕上がりまで少しお時間ください。
引きつづきよろしくお願いします。

ボーグ山本より

広告